性の雑学の最近のブログ記事

562979913

 

なにやら、

 

┌(┌ ^o^)┐ホモォ

 

っていうAAやキャラクターがネット上を席巻しているようで、

ついには、上記のような「ホモォ」が江戸から存在したという根拠となる春画も飛び出しました。

 

これ、本物なんでしょうか?

 

いまやすっかり、おなじみの「パイズリ」。

この言葉の語源はどこにあるのだろうか。

なんとなく、ボインと一緒で昭和の臭いがぷんぷんするのである。

そんなわけで、Wikipediaで調べてみれば、山田邦子氏が語源ということでこれが本当かどうかを検証しよう。

どうやら、山田邦子氏が、雑誌CONTINUEで、自分がパイズリという言葉を発明したと言及しているとのこと。

H(えっち)が明石家さんま氏であることは有名な話であるが、本当であろうか?

一応、言っておきますが、たしなみとして「Wikipediaより引用」とすると記事の格は低くなる。

Wikipediaは確かに有用で手軽なフリー事典であるが、ウソが混じっていることが多い。

記事の内容は手がかりとして、引用元となった文献などの裏取りはマストである。

......ということで、雑誌CONTINUEをなんとか取り寄せた。

CONTINUE01

 

ここに、パイズリがパイズリの語源であることが触れられているらしい。

 

CONTINUE00

 

そして、その記事はCONTINUE内の連載「電池以下」にあった。

山田邦子氏がライターにインタビューを受ける対談形式の連載である。

 

CONTINUE

 

そこには、こう載せられている。

 


吉田豪氏:

ところで、パイズリ」っていう言葉を作ったのが邦ちゃん(=山田邦子)だっていう噂を聞きましたけれど

山田邦子氏:

それは間違いないです!

番組なんかでは使えないからプライベートで使っていたら、一緒に遊んでいた人がテレビで言い始めたんですよ。



若い世代のみなさんにとって「山田邦子」氏というタレントはピンとこないかも知れないが、昭和の時代に絶大な人気と影響力を誇ったタレントで、「山田かつてないテレビ」で、一世を風靡した。

彼女は、今で言うところの「口コミ力」に長けたお方で、またプライベートと芸能活動の公使もほとんどなかったことから、「パイズリ」という言葉が口コミで広がり、一気に伝播して、今日まで一般的に使われる性的用語になったのは間違いない。

おっぱいに関する語源は、江戸時代の文化・文政時代にはおっぱいフェチはマイナー中のマイナー嗜好であったため、おっぱい関連の語彙は日本には極端に少ない。

つるぺた、ちっぱい、美乳、微乳、巨乳、爆乳、ロケットおっぱい、スイカップ、などは戦後の西洋文化流入で80年代前後から創世されたものがほとんどである。

ちなみに、パイズリでチンポを挟んだまま射精することは「挟射」と言うらしい。

すなわち、「我々が今、200年に後に残る、乳房に関する語彙を創出している」といっていいだろう。

そんなわけでイズリ』の語源は山田邦子氏にあることを認定します。

雑誌:CONTINUE VOL.20 【AA】

 

Powered by Movable Type 4.1