触手: 2012年3月アーカイブ

真説・触手学入門のサイン本が、局地的限定的に発売されるそうです。

 

comicZIN秋葉原様に 5冊

K-BOOKS秋葉原新館様に 5冊

メロンブックス秋葉原様に 10冊

有隣堂ヨドバシAkiba様に 10冊

 

誰が欲しがるのか知りませんが 表紙裏にサインを。

カバー裏に触手の歴史を作った触手達のイラストが入っております。

 

有隣堂AKIBA店では、サブカルコーナーで僕の書いた触手原画の展示があるとかで......。

本当かしら。

本当みたいですwww

1203281655

http://twitpic.com/92bdej

 

 

ともあれ、見かけたら、極力避けて別の本を買いましょう。

 

DSCN0196DSCN0200DSCN0206DSCN0209DSCN0214DSCN0215

 

 

 

カテゴリ「真説・触手学入門」の記事一覧。

 

以下、プロジェクトX調でお送りいたします。

 

 

DSC08618

 

ここに、一冊の本がある

 

真説・触手学入門だ。

 

前代未聞の触手解説書、

発売日がホワイトデーなのは、触手で白濁に染めて……という

開発者の暑苦しいメッセージが込められている。

 

 

DSC08626

そのことは、スミスミ氏のイラストに如実に表れている。

 

 

DSC08619

この、画期的な作品に対して、

担当者I は帯にまで徹底的にこだわった。

 

DSC08623

担当Iは、まず、ノーベル賞作家・大江健三郎の「水死」の帯をつけてみて、

格調高い帯は、なんか違うことを審美眼で察知した。

 

 

DSC08625

次に、ジェームス・スキナーの「お金の科学」の帯をつけてみた。

なるほど、2億部売れているなら仕方がない、説得力がうまれた。

しかし、2億部売れていないのに、売れているとウソをつくこともさることながら、

ちょっとパンツが見えるということが、まずいと判断された。

 

 

DSC08624

次に、担当Iは、「感覚表現辞典」の帯にチャレンジした。

意外と、イケます……、

やっぱり、なにか、いやらしいことが、さらりとまじめに書いている帯はそそるモノがあることを実感した。

 

 

その結果、

 

DSC08620

DSC08622

帯をずらすと、パンツが見えるという、エロコミックにありがちなアイディアで落ち着いた。

 

 

考えるだけ無駄だったのではないか。

担当Iの葛藤は、最高潮に達したが、

心は折れなかった。

 

 

SONY DSC

担当Iは、 帯が醸し出す絶対領域を70種類検討し、5mmが適切であると、判断した。

さらには、パンツが見え始めるまで、2mm。最初の縞が見えるのが4mmであることが、

1000人のショクシャーのうち99%を満足させることを、占い師に助言され、洗脳された。

 

洗脳がとけるまでは、自宅に引きこもるかも知れない。

 

 

 

こうして、本書は生まれたのだ。

もうすぐ発売、ぜひ、その手にとって帯へのこだわりを感じて欲しい。

 

 

なお、

 

SONY DSC

よもや、このような帯をずらして見本誌にしているようなお店がある場合は、

直ちに、絶賛して欲しい。

 

 

エックス。

 

 

 

◆関連記事

Powered by Movable Type 4.1