妖蟲ノ檻の最近のブログ記事

22976505_m

 

エロ全開の「妖蟲ノ檻」。本日発売です。

 

 

→ 販売元: ディーゼルマイン

作品紹介ページ: 妖蟲ノ檻

 

なお、上記の発売記念イラストの原寸サイズが、ブッチャーUさんのPIXIVで公開されております。

Baer_embryos

 

この作品、実は、女性の子宮を使って次々と世代進化するというコンセプトがあります。

最初は、スライム、次が単眼触手、そしてカエル型(両生類)という過程を経て、いったい、人類駆逐のために怪物がどんな形態を最終的に選んだのか......。

ぜひ、その目でお確かめ下さい。

あと、体験版をやってみたんですが、声優の皆さんがすごくエロい演技をされており、おおぉ、これは!と思いましたぜ。うひひひ。

そんなわけで、買ってくだちい。

妖蟲ノ檻FIX-pre2

 

「妖蟲ノ檻(ヨウチュウノオリ)」、明日発売します。

ブッチャーUさんから記念絵をもらったので、公開準備中です。

ですので、ちょっとだけ公開しておきます。

 

今回の作品コンセプトは 「 ×果たして人類は、淫獣に勝てるか 」ではなく、「○どうして、人類は淫獣に負けたのか」と、完全に「敗北前提」です。

狂おしいぐらい、清く鋭いコンセプトを頭のてっぺんから足の爪先まで貫いております。人類敗北の黙示録、その序章として、ぐいぐい企画をひっぱって書き上げてみました。

ということで、明日発売です。

買ってね!

 

d048

 

sample04

 

もうすぐ、ディーゼルマインさんから、僕がシナリオをしました最新作が発売されます。

 

『妖蟲ノ檻(ようちゅうのおり)

 

思い切り尖った触手モノがやりたい……そういう思いを込めて執筆させていただきました。

ごらんのように、長クリ改造&オナホ触手責め、触手針、母乳噴きだしなどが標準搭載されております。

原画は、SFXばりにドエロい触手を描かれるブッチャーU先生

bbsaconさんといい、おいら原画に恵まれています。

 

しかも、メインヒロインには

 

『もれなく出産シーン』

『イキ殺しor殺処分』

という、かなり、著しい触手描写を盛り込んでおります。

 

また、最初はスライム状だった未知の生物が、女を犯して出産し大進化(たいしんか)と呼ばれる進化を繰り返し、知能を付けていく……

という、ある面「触手生物の進化論」的なテーマも含んでおります。

 

主人公は、宇宙一凶悪な触手生物。

 

あらゆる手段で、殲滅をはかるヒロイン達を出し抜いて、人類滅亡という宿命を果たす『ダークヒーロー』ものとなっております。

 

ただ、プレイされるとわかりますが、今回、1シーンあたりの尺に制限がありました。

いわば1シーンあたりは『中編』的なサイズで、ねっちりとしたト書きによる触手描写が難しかったのです。

 

それでも「触手エロ描写」はあきらめたくない。

ちゃんと、濃厚に触手の責めが書きたい。

 

 

おいら考えた。

 

そう 『卑語強制』という「台詞がエロ描写を兼ねる」という、新手法を開発しました。

 

それでも限界がありますので、原画のブッチャーUさんには少し苦労を掛けましたが、かなり厳密に触手描写のイベントCG指定をさせてもらいました。

 

つまり、絵で表現されていることは、極力テキストを省く、という作戦を決行したのであります。

 

濃厚でありながら、さくさく読めて、エロい!

そんな作品に仕上がったと思います。

 

 

『いや孕ませないで! 孕みたくない!』

 

昨年の、某レイ○レイ事件で、商業ではかなり規制のかかってなかなか使うのに一苦労する凌辱表現がドバドバ・バリバリです。

 

ぜひ、体験版↓↓↓↓↓↓で確認して見て下さい。

http://magics.ddo.jp/info/dieselmine/ori_trial_zip.html

 

 

 

買って下ちい!

続編が作りたいんです!

Powered by Movable Type 4.1