虐襲の最近のブログ記事

 

酒井童人は、4月で創作人生で10年目をむかえます。

公式的にはいままで「せんせい(フランス書院)」がデビュー作となっていますが。

本当は違います。

 

私のデビュー作は......

 

DSCN0369

 

これです。

「凌虐の神殿 -妖剣復讐戦記-」(2002年4月/フランス書院)

実はこれ、2004年に発売された「虐襲」の原作なのです。

 

若気の至りと言いますが、某巨大掲示板で『おいた』をしたことにより、販売成績はよかったもののペンネームを換えることになりました。

 

その後、ナポレオンXX文庫は終了となり、今に続く「美少女文庫」が発刊され、僕は「凌辱担当」として「せんせい」をリリース。これがいままでの酒井童人の処女作として公式にアナウンスしていました。

ご存じの通り、美少女文庫は萌え路線をメインにしていたことにより、僕と路線があわず、僕は触手が書きたい一念を今につなげています。

 

 

クリエイターにとって2ちゃんねるとのつきあいはある程度の距離感が必要です。

当時、流行たての2ちゃんねるとの距離感がわからず、痛い書き込みをしまして、そのことを正直に編集部に申し出たんですが、私はその時の言葉を未だに忘れません。

 

「2ちゃんねるは猥雑です。だから、触れてはいけません」

 

以降、僕は常に距離感を保ちつつ現在に至ります。

 

 

そんなわけで、2012年4月1日づけで、凌虐の神殿が酒井のデビュー作品であることをカミングアウトして、僕の制作活動の正史に組み込むことします。

 

→ 酒井童人のプロフィール

 

 

■関連記事

凌虐の神殿 -妖剣復讐戦記-(ナポレオンXX文庫)」 2002年4月/フランス書院) 【AA】

せんせい Sweet School Days (美少女文庫)」(2003年12月フランス書院) 【AA】

キャプチャ

 

 

虐襲4、おかげさまで好評でした。

「触手なんて低価格にありがちな、シチュエーション」

みたいに、やや触手バブル弾けて逆風状態なところでの、超弩級フルプライスのリリースで。ドチドチしたんですが。

やっぱり、わかってくれるひとはわかってくれるんだなぁ……と。

感涙しそうな励ましの声援をいただきました。

ということで、アペンドディスクの発売が決定しました。

(これって、ある意味、すごくね?)

コンセプトは「アフター&アナザー」。

本編の世界観は崩さず、いただきました意見要望を受けてリリースさせてもらいます!

ほんとうに、みなさんに感謝をしたい気分メガ盛りです。

お楽しみに!!

名称未設定 1

 

みなさん、この度は「虐襲4触手シチュエーション」にご応募いただきありがとうございました。

大方の予想通り、全開の件数を上回る件数のご応募をいただきました。

今回は、キャラクター設定や、具体的な世界観がないままのシチュエーション募集となりましたので、若干応募しにくかったかと思いますが、それでも、熱の籠もったシチュエーションがガツンガツンと届きました。

ANIMスタッフ、酒井、bbsacon氏でシチュエーションについて検討して厳選しますので、結果発表はしばらくお待ちくださいデス。

 

いやー、正直、触手シチュエーションていろいろと出尽くした感があるのですが、いやいや、そんなモンじゃないですな!

絶望師、発売から1ヶ月経ちました。いや~もうすっかり、だらけちゃってゲームとかマンガとか漁りまくっていました。

  ★終了しました★

ところで、絶望師が発売されてまだ1ヶ月ちょいと気の早い話ですが、「虐襲4」の開発が決定し、触手シチュエーション……いや、「姫騎士&女戦士屈辱シチュエーション募集キャンペーン」が開始されました。

正直、低価格ソフトでより過激な触手系ソフトが発売される中で、ショクシャー達はさらにどんなアイデアを持っているのか。

興味津々ですよ。

ぜひ、ふるってご応募くださいっす!!!

Powered by Movable Type 4.1