エイプリルフールがうねうねと心に絡みつく - 脳内彼女の『受け触手』

| | コメント(0)     

 

今年も派手に展開された、エイプリルフールという名の「非営利経済活動」。

昨年は東日本大震災の影響で僕も自粛せざるを得ない雰囲気でしたが、今年はそのウサを晴らすかのように、ネタ満載でしたね。

僕もちょっとだけ参戦しましたが。

 

エイプリルフールってねぇ、こういう ↓↓↓ 心の動きがあるんですよ。

 

①一瞬本当かどうか錯誤する

②ウソかどうかについて自分自身で判断する

③ウソであることを笑う。もしくは、ウソに『すげー!』みたいな感想を覚える

 

つまり。

現在におけるエイプリルフールは、「世界中のあったらいいかも......の展覧会」だと思います。

「自分の潜在意識の下での欲望が、ある日ポンと目の前に出てくる」

 

 

こういう体験が「ジョーク」という名のもとに堪能が出来る日として、定着したんだと思います。

ウソかもしれないけれど、心に残る。それはウソだったけれど、インパクトとなって心にとどまり続ける。

 

逆に言えば、提示する側は「ウソだけれど、あったらいいな。あると楽しいだろうな」というコンセプトを提示するバイタリティが必要ですよね。

 

 

 

今日一日はそういった、息吹に触れるすばらしい一日でした。

 

まぁ、普通のエイプリルフールはGIGAZINEあたりにお任せをして、僕の心に絡みついたネタを一つ紹介しておきます。

 

 

1204011546

 

それが、脳内彼女さんの「受け触手」。

 

1204011546-02

今夏......CG18枚なら十分可能だぞ、まぢか?

 

1204011547

9240円!!

フルプライスだ。

CG100枚越えで、触手が責められる時代がここに!

 

1204011547-3

 

しょ、触手と生まれて、人間らしく!?

うぅ、泣ける。

こんなに、いぢましい触手くんが、うぅ。犯されるなんて、びくんびくん!!

 

1204011548

主人公の触手君は、ちんこの皮から......

好青年......。

すばらしい、差別なき世界設定。

 

1204011548-2

 

そして、幼なじみがおいしい関係。

おそらく、メロメロ(死語)にされるに違いない。

 

そして、母親の鬼畜ぶり!

たぶん、これ着ぐるみで中にはすんごい触手が詰まっているに違いない。

 

いや、着ぐるみを脱ぐと......壮絶美人ロリババアかもしれないのだ!

 


 ぱっと思いつく序盤のサワリとして、


母は触手王になってもらおうと触手として主人公を創世したが、

いっこうに凌辱しようとしない!!


どころか、人間の女子にすっかりなじんじゃってる!


これはまずいと思った母親が、とある女学園に魔法の力で無理矢理転校。


女だらけの女子校であれば、きっとムラムラして犯すだろうと思ったのが......

逆に、主人公が一方的に犯されるハメに!



同時パイズリ、同時挿入。

チンポより敏感な触手を同時に責めあげられ、

ドMに開眼の触手主人公!!




 

あぁ。エイプリルに終わらせたくないよ、この企画。

 

 

 

 

正直、脳内彼女さんならやりかねない、というか、ここインパクト勝負でニッチにガトリングガンをぶっ放してくるところなので、ありと思います。

この企画に近いことを僕は今、本気で考えていて、「マジでやられたら、これはまずい!」と、一瞬ひやっとしました。

今、触手は凌辱一辺倒で進化の枝を伸び悩ませています。

 

今年は「和姦触手」のムーブメントをすすめていかないといけないな、と思いますし、それが成功する自信もあります。

 

 

脳内彼女さん、僕に企画をまかせてみませんか、

対に損はさせないエロゲーをビルドしてみますよ。

受け触手を嘘から出た誠にしましょうwww

(きっぱり)

うふふふ、この発言は4月2日づけの発言ですのよ。

 

↑ リアル受け触手 ↑

 

 

皆さんはどうお思いでしょうか?

 

 

 

■関連記事

脳内彼女officialサイト / 受け触手

コメントする