真説・触手学入門 → アッー! ごめんなさいっっ(泣)

| | コメント(0)     

名称未設定 1のコピー

名称未設定 2のコピー

 

なにやら秋葉原では、先行発売された「真説・触手学入門」。

ちらほらと、紹介いただいているようで、ありがたいものです。

 

◆書籍紹介

総合科学出版様。 「真説 触手学入門」

アキバblog様。  「真説 触手学入門」 葛飾北斎先生が創生した触手責めが、約200年の刻を経て学問に昇華

Moeyo.com様。  「真説 触手学入門」 葛飾北斎先生が創生した触手責めが、約200年の刻を経て学問に昇華

にゅーあきば.こむ様。触手攻めをイラスト入りで徹底解説した「真説 触手学入門」

 

◆読者レビュー

マスオ様 真説 触手学入門 - 触手責めの起源や歴史・種類が書かれた学術書 -

 

本書の発売にさいしまして、公式の総合科学社の営業部様blogから「うわぁ、著者さんと編集部はアタマがオカシイんだなー」と、暴言としか思えない世が世なら切り捨てゴメンでござるな無礼非礼! 率直な意見をいただくほど、ネタ満載の本体表紙をカバー内に実装しております。(仕様です)

 

弁解させて下さい!

 

酒井「ねぇね~! ローラ☆こんなことしたら☆ 面白くないかなーって☆ OK~!?(完全にノリ)」

担当Iさん「いいですね! やりましょう!(マジ顔)」

酒井「マジっすか……!?」

 

これは、こういう流れで決まったモノであり、「著者の頭のおかしさを編集部が放置プレイ」したのが最大の敗因でございます。

 

たぶん、半年経ったら、すでに「うわっ、古い、イタイ」と思われるだろうなーと知りつつもやらざるをえなかった……、

すでに発売前からしょっぱい、

そんな表紙の実物については、「ぺろりんちょ☆」と言いいながら、カバーイラストをめくってご覧下さい。

 

 

なお、本著を執筆するに当たって、彩雲11型さんの運営する「最低のオリ」 、 「No.25 この触手に泳ぎ疲れても」から、多分なる有用なエッセンスをいただきました。(特に吾妻ひでお氏への考察)

深々と謝辞を述べさせていただきます。

 

ありがひょっ……う、うあ、噛んじゃった。

◆関連記事

コメントする